よっこいのブログ

アウトプットしないのは知識の便秘とか言われたので、嫌々やっています(嘘です)

yokkoi's blog

7月中に読んだおすすめのWEB記事10選

初めまして

初めまして、よっこいです。

普段からニュースサイトなどのWEB記事を読むのが好きなので、それらを読んでみて気になった記事を一ヵ月ごとに10本ほど紹介していこうと思います。

きっかけは、就活中に気になる業界のニュースなどを漁ってた際に、アウトプットすることを意識して情報収集を行うと効率が良くなるという記事を見つけたので、今までためてきたWEB記事を1ヵ月ごとに紹介しようと思い立ちました。

初めてのブログなのでお見苦しい点あると思いますが、大いなる優しさでご容赦いただけるとありがたいです。

それでは、やっていきましょう。

今月読んだWEB記事総数:168

引用元:NewsPicks, SmartNews, 新R25

 

 スズキ「ジムニー」新旧試乗比較! 新型は旧型に比べて何が変わったのか?

 最初の記事は、僕も実際に愛用しているお気に入りの車「ジムニー」の4代目が2018年7月5日から発売開始となったニュースです。詳細は記事を見てもらえるとわかるのですが、3代目のデザインとは大きくブラッシュアアップされており、全体的にスクエアな印象となっていますね。正直、めちゃくちゃカッコいいです。(3代目のデザインも好きだけどね!)

記事中にも書いてある通り、旧来のジムニーは80km/hからの加速があまり良くなく、個人的に高速は走りたくないなぁという感じだったのですが、その点も改善されてるっぽいですね。

 男心くすぐるデザインですが、女性にはあまり好まれないんじゃないかなと個人的には思ってますが…(笑)。

お金さえあれば4代目もぜひ買ってみたいですね!!

 

 

引用元:山崎友貴 「スズキ「ジムニー」新旧試乗比較! 新型は旧型に比べて何が変わったのか?」くるまのニュース,2018.07.08

kuruma-news.jp

 

会話でもオーガズムは起きる!? 恋バナ収集1000人超の達人に学ぶ「異性の話を聞くコツ」

コミュ障の僕のためにあるような記事です。記事を読んでる間終始、ずっと「なるほどなぁ」と思っていたよっこいです。

特に参考になったのが以下の一文。

「質問→傾聴→肯定→応答」というプロセスが大事

はい、全く自分はできていませんでした。省みます。自分の場合、質問→傾聴→肯定まではやっていても、いい応答をすることができなくて「…」みたいな状況になっていました(笑)。

モテる男はこういうとことしっかりしてるんやろなぁと思ってました。

あと、全人類共通の最強の話題は「about me」とか、会話する際の工夫が書かれているのでとてもおすすめの記事です。

 


 引用元:いしかわゆき「会話でもオーガズムは起きる!? 恋バナ収集1000人超の達人に学ぶ「異性の話を聞くコツ」」新R25,2018.07.06

r25.jp

 

 「若者の証券離れ」が進行中か 打開策は「スマホ証券」にあり?

スマートフォンによる証券取引の記事です。

少額でも投資できるサービス(THEOとかFOLIO)がある一方で、若者の証券離れが進んでいるとの内容でした。

 日本証券業協会の調査によると、インターネット口座による株の現金取引金額に占める39歳以下の人の割合は、13年3月末時点で26.8%だったのに対し、今年3月末には13.5%にまで低下した

とも書いてあり、今後少子高齢化の流れもあり証券市場の縮小も予想できます。 

しかし、スマホ証券では貯蓄が少ない若者でも株の単元数を気にすることなく証券を買うことができるので、若年層の取り込みに期待ができるそうです。

来年から社会人ということもあり、貯蓄に関しても考えていきたいと思っていたので自分には非常にためになった記事でした。

 

 

引用元:川口穣,田茂井治「「若者の証券離れ」が進行中か 打開策は「スマホ証券」にあり?」AERA dot.,2018.7.8 16:00

dot.asahi.com

 

第1回 嫌いになった企業ランキング 集計結果発表【その②】

僕と同じ19卒の就活生の筆者(くらのすけさん)が就活を終えたあとで、Twitterでの【就活を経て嫌いになった企業ランキングアンケート】の集計結果の記事になります。

正直、見てて闇が広がってるなぁ(笑)とか思っちゃいました。

詳細は記事のほうをご確認いただきたいのですが、気になった点としては2つ。

上記2つは、まず受験者数が多いからということも理由の1つとは存じますが、それにしてもリクルートマイナビの言われ様には、恐ろしさすら感じました。リクルートマイナビは就活サイトを運営していることもあり、それに対する意見も多かったことも理由の1つでしょうね。(僕も利用していました。)

正直なところをいうと、僕が内定をもらった企業様に対する意見はなかったので、とりあえず一安心しました。(単に受ける人が少なかっただけ説笑)

それにしても、【有害だと感じた就活サイトランキング】に関しては何とかできないもんでしょうか。大量エントリー助長イクナイ…。

 

 

引用元:くらのすけ (id:KuranosukeSSK) 「第1回 嫌いになった企業ランキング 集計結果発表【その②】」くらのすけ調べ,2018.7.11

www.kuranosukessk.com

 

「年収1000万超えの20代」って本当にいるの?実際に会って格差を見せつけられてきた

20代で1000万越えの年収…。誰でも1度はあこがれるそのフレーズ。

地方に住んでる僕なんかには、その話はユニコーンやペガサスが実在することより信じがたいものですね。

まず第一に、そんな人本当にいるんだと驚きました笑(小並感)。

二人の方にインタビューされているんですが、その職業は「外資系証券マン」と「不動産系営業マン」と。いかにもお金もらってそうな職業ですが、すごいのはお二方のモチベーションでした。

  • 外資系証券マンの方のモチベーション

同期や年の近い先輩とかに勝っていくのが楽しいんです。

  • 不動産系営業マンの方のモチベーション

誰にも負けないくらい、圧倒的な力がほしい。

マジで一生敵わなねぇと思いました(笑)。(でも1000万は欲しい…)

 

 

引用元:福田啄也「「年収1000万超えの20代」って本当にいるの?実際に会って格差を見せつけられてきた」新R25,2018.02.15

r25.jp

 

以下、NewsPicksの記事になります。(有料記事を読めない方はゴメンなさい。)

 

夏野剛】『ブラックパンサー』に学ぶ若きリーダーの哲学

僕は趣味の一つに映画鑑賞があるぐらい映画を見るのが好きなんですが、その中でも最近一押しの映画「ブラックパンサー」の記事になります。

解説していただいてるのが、元NTTドコモ執行役員夏野剛さんです。

この映画のどこが面白いかというと、まずは主人公であるティ・チャラのスーツ装着シーンではないでしょうか。男子なら誰でも大好き某仮面ライダーよろしく一瞬でスーツを装着するようなシーンになっています。(カッコいい)

さらに、この映画のすごいところは主要キャストがほぼ全員黒人でしめられているということです。世界興行収入総額12億ドル(約1200億円)を達成した映画としては非常にめずらしいのではないかと思います。

個人的に、「国際社会からは「貧しいアフリカの一国」としか認識されてないのに蓋を開けてみるとそこは最先端都市」とか中二病男子が発狂するような世界観が僕は大好きです。はい。

ブラックパンサー2の公開も決定しているようなので、次はぜひ劇場で見てみたいですね!!

 

 

引用元:取材・文:大高志帆 撮影:露木聡子 デザイン:砂田優花「【夏野剛】『ブラックパンサー』に学ぶ若きリーダーの哲学」NewsPicks,2018.07.02

newspicks.com

 

サイバー対策の新常識、アメリカ企業が導入する「ミリタリー方式」【有料記事】

サイバーセキュリティ対策の記事になります。

僕自身、大学でセキュリティを専攻していることもあり、非常に興味深い内容になっていました。

日本でも、東京五輪を機に日本の会社・組織に対する攻撃が増加するという試算が出されています。

記事によると、アメリカの金融機関のセキュリティ対策部門の幹部は、政府のサイバー諜報活動のもと、従事者、元兵士、インテリジェンス関連の元当局者だらけだそうです。さらに、面白いのはアメリカでは金融機関ごとに「フージョンセンター」と呼ばれる司令センターをたてて、情報を集約・分析しているとのことです。

一番、気になった点が下記の一文。

バンク・オブ・アメリカのブライアン・モイニハンCEOは、同行のサイバーセキュリティ対策チームについて「社内で唯一、予算制約がない部門だ」と発言。

個人的に、日本の多くの企業はセキュリティ対策をバリュー(価値)ではなくコスト(費用)で捉えている企業がほとんどだと思っています。

予算制約がない部門だといえるぐらい日本のセキュリティに対する意識が上がることを強く望んでいます。

 

 

引用元:執筆:Stacy Cowley、翻訳:服部真琴、バナー写真:Whitney Curtis/The New York Times「サイバー対策の新常識、アメリカ企業が導入する「ミリタリー方式」」NewsPicks,2018.07.11

newspicks.com

 

働き方改革で変わる「黒子インフラ」の変貌

昨今話題の「働き方改革」からネットワークインフラの変遷について図を用いてわかりやすく解説している記事です。

1990年代から今の時代のネットワーク構成の変遷などのことも書いてあり、ものすごいわかりやすい記事だなぁと思っていたら、最終的にNTTPCコミュニケーションズのSD-WAN製品「Master's ONE CloudWAN」の紹介になっていました(笑)。

内容がわかりやすいのは間違いないので、ITをよく知らない方でも問題なく理解できるような内容になっていると思います!

 

 

引用元:デザイン:すなだゆか、編集:木村剛士「働き方改革で変わる「黒子インフラ」の変貌」NewsPicks,2018.06.28

newspicks.com

 

【核心】自動運転は難しい。そうだ、インフラをスマートにしよう【有料記事】

自動運転を完全自動化するには、時間も法的整備も間に合っていません。そこで、BOSCHが注目したのが駐車場における完全自動駐車です。

鶏が先か、卵が先かということになるのでしょうが、駐車場というインフラがそろえば結果的に自動運転の車も増えてくるのではないかと感じます。

車だけでなく、センサーを置きそれを「コネクテッド」にすることで完全自動運転を実現するところが近未来感を感じました。

都市部における「駐車スペースの問題」を解決にもつながるので早いところ、日本でも展開されることを期待しております。

ただ、将来今どきの車は全部自動で駐車してくれるから駐車が苦手だというドライバーが出てきそうな気もしますね(笑)。

 

 

引用元:執筆・動画:池田光史・岡ゆづは、デザイン:すなだゆか「自動運転は難しい。そうだ、インフラをスマートにしよう」NewsPicks,2018.07.07

newspicks.com

 

なぜ音声AIに、ブロックチェーンは必須なのか【有料記事】

フランスで音声プラットフォームを提供しているスタートアップSnipsの記事になります。

Google HomeやAlexaなど音声AIのサービスが登場した2017年。これらのスピーカーからGoogleAmazonがユーザが発音した音声をクラウド上にアップロードし、個人情報を取得しているのではないかという疑いも出てきています。

そして2018年、FacebookによるCambridge Analyticaに対しての情報流出事件EUでのGDPR成立など、中央集権でのセキュリティ管理手法の甘さが指摘されています。

そんな状況下で、Snips創業者の抱える思いがこちら。

「私が思い描くのは、個人のデータをもはや企業に与えなくてもいい未来だ。」

実際に、Snipsが開発・提供している音声プラットフォームでは、端末側でデバイス本体で行われ、クラウドに個人情報を一切送信する必要がないそうです。データをクラウドに上げずにAIの性能を上げる際に、トレーニングする際に、「AIRブロックチェーン」と呼ばれる技術が使われているそうです。

中央集権に対するアンチテーゼを提唱しながらビジネスを進める企業はまだまだ少ないのではないかと思います。

企業が管理する個人情報から個人が管理する個人情報へと時代が変わりそうな(パラダイムシフト)、そんなことを感じさせてくれる記事でした。非常におすすめです。

個人的に、この企業の情報はこれからも追いかけていきたいと思っています。

 

 

 引用元:執筆:洪由姫、デザイン:九喜洋介「自動運転は難しい。そうだ、インフラをスマートにしよう」NewsPicks,2018.07.07

newspicks.com

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。僕自身初となるブログ投稿なので、ここはおかしいとか読みづらいとかあることと存じますが、優しくコメントしてくれるとありがたいです。

確かにアウトプットを意識することで、インプットの時よりも詳細に記事を眺める時間ができたのでインプットにも効果的であるなと感じました。単純に記事を読む時間が5分→20分くらいになりました(笑)。

これからも月一でこのシリーズは継続していこうと思っているので、読んでいただけると幸いです。

長文、お読みいただき本当にありがとうございました。